バレンタインは・・・   

我が家は一時期雑種犬と猫を飼っていました。バレンタインは 愛犬ナツの命日です。写真が壊れたパソコンから取り出せなくて手元に良い写真がありません。
f0299418_2134726.jpg
元気な頃のナツ
 愛護教会から我が家にやってきました。それから16年 ときには遊び相手に 時には頼もしい番犬になって 家族にたくさんの思い出を残して 2011年2月14日 老衰でなくなりました。火葬して庭に埋葬し傍らにクリスマスローズの苗を植えました。愛猫のケンちゃんは 近所の方が子猫を川崎大師の駐車場で拾ってきて我が家にやってきました。私が仕事から帰ってきたら部屋のまん中でミャ〜ミャ〜泣いていて 可愛かったけれど 自分の家で飼う様にって言って かえしてきなさいと 言いましたら 娘達が川崎大師の駐車場で拾われて家にきたのに 可哀想なことしたら罰が当たると言いまして 家で飼うことになりました。(別に信心深くないですよ)
f0299418_21394251.jpg
暫く経った頃のケンちゃん
そのケンちゃんも2012年12月13日に病気でなくなりました。元気な頃は冬は私の布団の中 夏は身体の上に乗って眠っていて重たくて寝苦しかったことも。糖尿病でインシュリンの調整がねこは難しくて発病から約半年程でした。ペットとはいえ家族の一員でしたので最期を看取るのは 辛く悲しいことです。もう最後をみるのは 辛いから動物を飼うのはやめましょうと 相方とはなしあいきめました。3年前から バレンタインはナツを偲び ハナ(一番最初に飼った猫)をケンちゃんを偲びます。
[PR]

by nagako1953 | 2014-02-14 22:03 | 日記 | Comments(4)

Commented by ♥ junjun at 2014-02-15 10:39 x
♪ペットとは言え 家族の一員ですよね。
我が家も ずーっと昔、ネコちゃんを買ってました、ショパンと言います。
ショパンが亡くなってから悲しくて、もうペットは飼えなくなりましたョ。
Commented by nagako1953 at 2014-02-15 11:08
なっちゃん 寂しい寂しい病に(医者曰く)になったりして 見た目より繊細なワンちゃんでした。ケンちゃんは寝る時には何時も私とでした。思いだすと悲しくなります。
Commented by hiro2637h at 2014-02-15 11:37 x
犬も猫も大好きですね。
散歩途中に人の犬や猫ちゃんたちを撫でまくっていますが、寂しいですね。
わかりますね。
飼っていても15年前後で亡くなっていく。
愛していればこそ悲しみが深まる。
やっぱりnagako1953さんのブログを読むと飼えなくなるなあ。
よその犬を撫でてるほうがいいなあ。
しかし散歩道の動物たちも高年齢で糖尿病や白内障で目が見えなくなって人間と一緒だなあと思います。
Commented by nagako1953 at 2014-02-15 14:33
hiroさん 動物も人間と一緒です。言葉で痛いとか苦しいとか言えないだけです。義弟が獣医なんですが飼えなくなったペットを安楽死させてとくるかいぬしがいるそうでびっくりです。義弟は断るそうですが怒っていました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< また雪が降る もう見たくもないでしょうが・・・ >>